【超簡単】折り畳めるノートパソコンスタンドをタダで自作してみた。

PC関連

 

どうも、おはこんばにちは、朝風です(`・ω・´)

また大分更新が開きました……。

今回も読書感想記事ではなく──というかもはや現状が窮々として書籍大断捨離を敢行し読書感想記事が書ける状況ではなくなってしまったので、今回から蔵書を改めて読めるかもという煩悩は捨てて(泣)限界生活の中で得た発見的な記事を書いていこうと思います。

その一発目がこちら。

題して

「折り畳めるノートパソコンスタンドをタダで自作してみた」

です。

材料のダンボールを自宅やスーパーなどで調達できれば、本当にタダでできます。
しかも使う道具は、

  • 「カッターナイフ」
  • 「定規」
  • 「スタンドの形状を固定するもの(貼ってはがせるテープやダブルクリップなど)」

だけ。

実際に今自分で作ったスタンドを14インチのノートパソコンの下にセットしてこの記事を書いていますが、長年の首の痛みによる執筆中断の悩みから解放されて、めちゃくちゃいいです。
そんなに悩むくらいなら買えばいいのにと思われるかもしれません。もちろんサクッと買っちゃうほうが楽ですし中には磁石がついているタイプもあるので見た目もスマートに持ち運びできますよね。朝風は諸事情で自作に走りましたが(;´Д`)
買う余裕がない時や通販の配達を待っている余裕がなく今すぐほしい時、自分にとってドンピシャに気に入ったデザイン好きな大きさのものが使えるのは自作スタンドの魅力ではないかと思います。

では参ります(`・ω・´)

折り畳めるノートパソコンスタンドをタダで自作してみた。

注意点

まず最初に注意点をお伝えします。

  • この方法で作ったスタンドには高さ調整機能がありません
    (素の一段階しかないです)
  • 素材がダンボールですので水に弱いです
    (撥水ラッピングを施した場合はその限りではないと思います)
  • ヒンジにつっかえさせる形で使う(下画像参照)ため、確実な安定性を求める方にはおすすめできません
    (が、サードウェーブのお手頃ノートでまったくズレず安定感抜群に使えているので、もっと幅広いノートパソコンに使えるかもしれません)
  • この作業には刃物を使います。十分に気をつけて作業してください。
    また、当記事を見て行われた作業に関し、当ブログの管理者であり記事執筆者の朝風円は一切の責任を負いません作業は自己責任の下、行ってください

以上が納得できる方はレッツ工作!

作り方

用意するもの

  • 薄手の硬いダンボール
    ⚠ 薄すぎると強度が出ず潰れてしまうので、折り曲げ加工するのに抵抗ない程度の厚みがあるものを用意してください。
    (以下にもキャプションにありますが、筆者は家にあったカセットコンロの外装パッケージを使いました)
  • カッターナイフ
  • 定規
    どれでも構いませんが、カッターを使う時に添えるので、不安であれば金尺をご用意ください
  • スタンドの形状を固定するもの
    スタンドが出来上がったあと、折って使うにも反発が強いので(笑)固定するために貼り剥がしのできるテープクリップ等を使います。
    なお、朝風は、家にあったセリア(百均)のアンティークピンチを使っています。
    (持ち運びをしないのであればガムテープ等でがっつり固定しちゃってもいいと思います)

工程

(①)まずはじめに自分がスタンドを敷いて使いたいノートパソコンの大きさを考慮して「このくらいなら耐えられるかな~?」と用意したダンボールからスタンド分を切り出します
この時、用意したダンボールに元々ある折り目を使うとあとの作業が圧倒的に楽なので、丁度スタンドの横中央に折り目が来るよう切り出してください
(朝風の場合は 21.5cm(横) × 16.5cm(縦) 、横の折り目は上下中央あたりに来るところで切りました)

画像では切り出し部が分かりやすいように床目を見せていますが、実際に切る時はカッターマットか厚手のダンボールを下に敷いて、床を傷つけないようにしてくださいね!!

イワタニ先輩の外装パッケージを使用

 

(②)横幅を4等分する形で縦上下に印をつけ、印同士を繋ぐように線を引きます
(横 21.5cm の場合は大体 5.4cm 間隔)

(③)上から縦幅の9分の1あたりをとって左右に印をつけ、下からも縦幅5分の1弱をとって左右に印をつけ、線を引きます
(朝風の自作スタンドでは 上から 1.8cm 、下から 3.5cm にしました)

(④)③の上から9分の1のところで引いた線から更に数cm分(3~4cm?)下に横線を引きます
(朝風は3cm分下に引きました)

(⑤)③で引いた9分の1~5分の1弱の横線の間を、②の4等分で引いた3本の線のうち外側の2本に沿って、カッターナイフで切り込みを入れます
(切り込みを入れる時は必ず定規を線に沿って置き、カッターの刃も定規に沿ってまっすぐ引いてください)

見づらいですが、切り込みが入っている状態です……。

(⑥)③の下から5分の1弱の横線と、④の横線に予め折り目がつけやすいよう定規等で凹みを作っておきます
(金尺はダンボールが切れてしまう可能性があるので、使うのは避けてください)

(⑦)中央だけ手前に出っ張らせるように、上から「谷折り→山折り→谷折り」するように手で押します

(⑧)⑦の最後の写真の手で持っている部分をクリップで固定して完成!
(持ち運ぶ時はこのクリップを外して平らに戻せばバッグの中でも嵩張りませんね! しかも軽い! 見た目がダンボールのままだとオサレ空間では浮きますが(笑)ウケは狙えます!)

あとがき

如何でしたか、自作ノートパソコンスタンド(`・ω・´)

接着剤も何も使わないのでとても手軽にできると思います。

あとはダンボールそのままだと味気ないので、柄の接着シート(ダイソーのリメイクシートなど)で自分好みのデコレーションを施してもいいかもしれません。耐水性も上がりますし。

以上、タダでできちゃう自作のノートパソコンスタンドのコーナー(?)でした!

また次回をお楽しみに。
∠(`・ω・´)

 

タイトルとURLをコピーしました