低スペLinuxマシンで途切れないOTTAVAを聴く

Linux

二ヶ月ぶりです。朝風です(;´Д`)

リアルで色々ありすぎて更新滞ってました。
いつも色々あるんですけどね(笑) 今回は自分史上トップ3に入るスケールで、今もわたわたしてます。早く落ち着くといいなぁ。毎日ピリピリしすぎて疲れました(笑)

さて、今回も超個人的な発見と備忘の記事です!
題して、

低スペLinuxマシンで途切れないOTTAVAを聴く

動機とか

ここ最近、ことにWindowsが重くって、もうほとんどLinux機で執筆している状態なのですが、その執筆作業時に高頻度で何か音楽やらラジオやらをかけるんですよ。

その中でも特に聴くのはOTTAVA
クラシック専門のネットラジオ局(コンテンポラリー・クラシック・ステーション)で、ただ曲を流すだけのプログラムもあればプロの楽器奏者の方がプレゼンターとして送る番組があったりして、純粋に延々とクラシックを聴いてたい! という方向きではないんですが、クラシックについてもっと知りたい! とか、クラシックを身近に感じたい! という方にはめちゃくちゃ推しなんですよね。
中でも「OTTAVA Fresca」という番組はプロのピアニスト二人の方(月〜水と木〜金で担当が分かれます)による隙のない学識と歪みない女子力と日常感(笑)に溢れていて楽しく、またとても勉強になるので、興味をお持ちになられた方にはまず一聴をお勧めいたします(笑) 平日09:00〜12:00です。推しメンは本田聖嗣さんです。

はい、説明が長くなりました。

要するに、この「OTTAVA」を作業中に聴こうと思うと、通常の方法では「ブラウザを立ち上げて公式サイトに行く」か「TuneInのサイトまたはアプリを開く」ことをしなければいけないんですが、
なにぶんうちのLinux機様は非力1なので、ブラウザを立ち上げてどこかのサイトを開いて聴く、ということをしていると、容赦なくもっさりしてきます。(スマホで聴けばいいじゃんと思ったこともありますがスマホで聴いているといつの間にかスマホを眺めていて集中力が死ぬ)
音も途切れ途切れになるし、フリーズまでは行かずとも動きがカックカクです。もう気になって気になって執筆どころじゃなくなります。……HTML5キサマ……!

というわけで、まずはブラウザに頼らずネットラジオを聴けるソフトを探したんですが……。

そもそもなんでRadio Tray?

SnappyFlatpackのラジオ聴取ソフトはうちのマシンの低処理、低容量の関係で最初から除外したので(一応試験はしたんですけど、ラジオを立ち上げた状態で執筆ソフトのPyRoom立ち上げるとカクカクしました(笑))、

まぁ必然的にローカル直で動く「Radio Tray」になるよね( ˘ω˘) 2

と、Radio Trayにした理由はそれだけなんですけど、このRadio Tray、対応している規格が「M3U, ASX, WAX, WVX, PLS(ほか動画音楽規格)」で、

最近のラジオストリーミングで主流になりつつある HLS3 には対応していない

無論(つい先日のことですが)OTTAVAも配信規格はHLSに移行済み4
だから対応規格の配信URLを探さなきゃならないんですよ。……はい。無事グレートジャーニーしてきました。

今現在(2019/05/15現在)Radio Trayで聴けるOTTAVA

結論から言うと、対応URLはこちらです。
http://ottava.out.airtime.pro:8000/ottava_b

で、散々探し回った甲斐なく、最初からWikipedia記事(の注)にありました(笑)
記事の編集をされた方、ありがとうございます! 超助かりました!

Radio Trayの設定方法

でもってこのURLをRadio Trayでどう登録するのかというと、手順は簡単。

ターミナル名で丸わかりですが(笑)Liteさん使ってます〜

Radio Trayを起動し、タスクトレイのアイコンをクリックして設定に行きます。

 



追加」を押し、局名(※日本語では登録できません)とURL、お好みでグループ(※予めグループを作っておくと選択に反映されます)を設定して「保存」します。

以上です!
これで聴けるようになっているはず。

参考:Radio Tray – Learn Ubuntu MATE(英語記事)

まとめ

同じ悩みを持たれている方がいらっしゃるかは分かりませんが、先述のグレートジャーニーがしんどかったのでこうして記事にしてみました。
如何でしたか、未だ見ぬ同志。

次回更新もいつになるやらちょっと先行き不透明ですが、
できたら読書感想記事にしたいなぁ……。


  1. RAM1.8GB, ストレージは32GB。以前流行った格安ノートですね。 ↩︎
  2. 開発終了してるので、不安視される方は使わない方がいいと思います。私は逆に選択肢がこれしかないので容赦なく使ってます(笑) ↩︎
  3. HTTP Live Streaming の略。詳しいことは私もよく分かりませんが、音声や動画ファイルを細切れのファイルにしてそれを順番に再生していく方式で、プロトコルにHTTPを使うため、専用のストリーミングサーバでない普通のウェブサーバからでも配信ができる……らしい。

    参考:
    HLSとは|Qiita
    HLSについて知っていることを話します
    動画業界でよく耳にするHLSとは? – Qaita – All about Video –

    道理でただTSファイルを読み込むだけだとNHK FMが10秒ずつ切れるんですねぇ!← ↩︎

  4. 2019/05/09に公式サイト上のプレーヤーのソースを確認させていただきました。見事にm3u8のプレイリストを参照してました(ここで当時泣いた)。プレーヤー名もHLS Streamingですし。現在はプレイリストを非表示されてますね(すいません諦めきれずにめっちゃアクセスしたかもしれない……)。 ↩︎
Linux
スポンサーリンク
朝風円をフォローする

水を得た一次創作屋。
オカルトはオカルトでも古代宗教〜アニミズム系のオカルトマン。ギリシア神話から入り、今は図像学を中心に色々勉強しています。
三世界っていうお話がライフワーク化しています……なっげえ。今リブート中。
(来年『三世界B』序章公開予定です~こっそり読んでくれ~)

朝風円をフォローする
Re:日々あさのかぜ。
タイトルとURLをコピーしました